〒419-0116 静岡県田方郡函南町日守32-1
menu
HOME >  スタッフブログ >  屋根に重いもの乗せて大丈夫??

スタッフブログblog

2022年06月06日

屋根に重いもの乗せて大丈夫??

ブログ担当の串田です。

 

今回訪問したお客様から

「屋根に重いもの乗せて大丈夫?」

という質問をいただきました。

 

コチラの回答につきましては、

家が1980年以降に建ったお家なのか、

以前に建ったお家なのかによって異なります。

 

1980年以降に建ったお家であれば問題ないです。

 

そもそも1980年に何があったのかという話ですが、

建築基準法が改正されました。

 

改正されたことによって、

「耐震基準が震度6以上に耐えられること」に変わりました。

要するに構造がしっかりしたということです。

 

そして本題に戻ります。

 

では実際にどれくらいの重さまで耐えられるの?という話ですが、

屋根の積載荷重は1㎡あたり約91kgとされています。

 

太陽光パネルは1㎡あたり重いもので約15kg、

軽いもので約6.5kgと言われています。

仮に重い15kgのパネルを乗せた場合でも

屋根の積載荷重の91kg/㎡には全然届きません。

 

太陽光の工事をするときは

約60~80kgの体重の人間が6人近く屋根に乗るので

そちらの方がよっぽど重いです。

 

もっと言うと2000年以降に建ったお家であれば

ほとんど影響はありませんので、耐荷重について

気になる場合はぜひ質問してみてください^^