〒419-0116 静岡県田方郡函南町日守32-1
menu
HOME  >  太陽光発電 >  補助金制度

補助金制度subsidy

各自治体から
補助金が支給される可能性あり!

あなたの地域の補助金制度を調べてみましょう。
補助金・助成金を利用するには、様々な条件がございます。
自治体によっては、制度がない、または交付期間が終了している場合がございますので、詳しくは各地方自治体の窓口にお問い合わせください。

10年間の買取は余剰電力となり、10kW未満の設置の場合です。
10kW以上設置の場合やダブル発電など条件によって買取価格や買取期間などが異なります。
詳しくは固定価格買取制度をご覧ください。

固定価格買取制度について

余剰電力買取制度

おもに、一般住宅向け(10kW未満)の太陽光発電システムに適用される制度です。
住宅向けの発電システムの場合、発電した電力は、自宅での消費電力として優先的に消費され、消費電力より発電した電力が多かった場合、この余った電力を電力会社に自動的に買い取ってもらうことができる制度を余剰電力買取制度といいます。

余剰電力買取制度

再生可能エネルギーの「固定価格買取制度」とは

再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の買取期間にわたり電気事業者に買取を義務づけるもので、2012年7月ぶにスタートしました。
電気事業者が調達した再生可能エネルギー電気は、送電網を通じて私たちが普段使う電気として供給されます。このため、電気事業者が再生可能エネルギー電気の買取に要した費用は、電気料金の一部として、使用電力に比例した賦課金という形でお客様にご負担をお願いすることになっています。

太陽光発電システム 買い取り価格(税込)
(1kWhあたり)
買取期間
出力制御対応機器
設置義務なし
設置義務あり
10kW未満
(余剰買取)
28円 30円 10年
10kw未満
(ダブル発電・余剰買取)
25円 27円 10年
10kW以上 21円 20年

H30.01現在