〒419-0116 静岡県田方郡函南町日守32-1
menu
HOME  >  太陽光発電 >  産業用太陽光発電ビジネス

産業用太陽光発電ビジネスbusiness

太陽光発電ビジネスの切り札!!
差が出る投資

「太陽光発電ビジネスは、本当に投資効果が高いのか?」という声をよく耳にします。
どんな投資でもメリット、デメリットはつきものですが、太陽光発電は、アパート・マンション経営や駐車場経営など他の土地活用法と比べてみても、コストパフォーマンスにすぐれ、利回りのよい安定的な資産運用が投資家の方から高い評価を受けています。
長い歴史で見れば電気の自由市場は始まったばかり。まだまだ魅力的な投資ビジネスとして注目を浴びています。

太陽光発電投資とは?

発電した電気を売却し、収益に変える投資モデル。
その売電単価は”20年間”変動することがないよう国が制定しており、太陽がある限り、安定的に高い収入を確保することができます。

20年間売電価格が固定

固定価格買取制度により全量買取の場合、20年間売電価格が固定されているため、将来設計もバッチリ!!

経営・集客をする必要がない

経営・集客をする必要がない。また定期的に大規模な修繕費用もないので、ランニングコストが小さくて安心。

導入費用の低価格化と税制優遇

技術の進化・発展により、部材価格が下がり、導入費用が低価格化。
さらに要件を満たせば、固定資産税や法人税の軽減処置も可能。

立地条件に左右されることなく有効活用

駐車場やアパート、マンション経営とは異なり、立地条件に左右されることがほとんどないので、遊休地など、使っていない土地を有効活用。

今までは、理想的な快晴の日(日射が強く気温が低い)をベースに積載量を決めていたため、発電効率の悪い曇りの日や日射量が少ない冬季や山間部ではkWh(発電量)のロスが多く見られました。
そこでモジュールを増やして発電量を増やすことで、理想的な投資効果を得ることができます。

発電量を増やすと、出力上限値を超えるピークカットがもったいないと感じる方もいらっしゃると思いますが、実は1年を通してみても、ピークカットをしている日はそれほど多くありません。

取扱メーカー
当社では、パナソニック、東芝、SHARP、京セラ、三菱、ソーラーフロンティア、ネクストエナジーなど、国内外の様々なメーカーの太陽光パネルの取扱いを行っております。
お客様に最適な太陽光発電システムをご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。