〒419-0116 静岡県田方郡函南町日守32-1
menu
HOME  >  蓄電池システム >  蓄電池で何がかわる?

蓄電池で何がかわる?what-storage-battery

蓄電池とは「電気をためる貯金箱」。

発電や買電した電気を蓄え、必要なときに必要な分だけ使うことができるシステムのこと。
POINT
1
家計にうれしい!電気代節約。
昼間高く、深夜割安になる電力プランにご加入のお宅では、
昼間の電力ピーク時に、前日の深夜に蓄えた蓄電システムからの電気を使うことで、
電力会社から購入する日中の電力量を抑制することができます。
普段と同じ量を使っても昼夜の電気料金の差額の分だけ電気代を節約できます。
電気代節約
POINT
2
FIT終了後の自家消費率向上
太陽光発電でつくった電気を高額で売電できる「固定価格買取期間」は
10年間(10kW以上は20年間)と決められていますが、
蓄電池があれば太陽光発電の固定価格買取期間終了後も、
電気の自家消費比率を増やすことで、
経済メリットを大きくすることができるというメリットがあります。
太陽光発電の固定価格買取期間終了後の売電価格は10円程度と想定されています。
日中の電気代は32円/kWh程度ですので電気を売るよりも貯めて使ったほうがお得です。
FIT
POINT
3
長時間の停電でも安心
停電した時でも、蓄電システムがあれば、安心です。
蓄電池があれば、太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて、
停電時でも使うことができます。
例えば、蓄電容量16.6kWhでフル充電の状態であれば、
以下の電子機器を約30時間使用し続けることができます。
停電でも安心
扇風機・洗濯機・冷蔵庫・パソコン・照明・テレビ・携帯の充電